コーラムバイン攻略ブログ

今、密かに人気急上昇中の簡単オンラインゲーム 『コーラムバイン』を自己流な攻略法でアップしていきます。

コーラムバイン

回復の魔珠データ表

回復の魔珠の回復量を表すデータ表です。(HPより)

回復の魔珠の回復量

魔珠回復量(%)
10.350
20.695
31.035
41.370
51.700
62.025
72.345
82.660
92.970
103.275
113.575
123.870
134.160
144.445
154.725
165.000
175.270
185.535
195.795
206.050
216.300
226.545
236.785
247.020
257.250
267.475
277.695
287.910
298.120
308.325
318.525
328.720
338.910
349.095
359.275
369.450
379.620
389.785
399.945
4010.100
4110.250
4210.395
4310.535
4410.670
4510.800
4610.925
4711.045
4811.160
4911.270
5011.375
5111.475
5211.570
5311.660
5411.745
5511.825
5611.900
5711.970
5812.035
5912.095
6012.150
6112.200
6212.245
6312.285


回復の魔珠を入手するのは市場の相場も高いことから困難です。
(今現状一個250000以上にて取引されています。) 

なので自分で入手できればそれが一番です。
全身「幸福の魔珠」で宝箱入手率を上げて何度も狩りをトライしてみましょう。
(自分に合ったステージで良いと思われます。)
ちなみに私は一日に3個ゲットできました。 

キャラの選び方

初めてペットを選ぶのに迷う方も多いはず、なのでお勧めのキャラ選択をご提案します。

初期の段階では全体攻撃で強力なペットは入手できませんし、初めはその必要もありません。

ですので初めは単体攻撃の強いペットが良いかと思われます。


●1番目のお勧めモンスター 
物理攻撃特性を持つ『火エレメ』
攻撃速度特性を持つ『かまちー』
会心特性に加え単体麻痺を持つ『ヴァルキー』
物理攻撃特性を持つ『大ぐも』




次に選ぶ場合、ステージにも多数の敵が現れるようになります。
なので「回復」もしくは「全体攻撃」を持つキャラを選んだ方が戦いが楽になります。
 

●2番目のお勧めモンスター
唯一の単体(強)回復を持つ『マーナ』(後半厳しい?)
会心特性で全体攻撃魔法を持つ『抹茶小豆』




面が進むにつれて敵の数は多くなり、強力な攻撃も仕掛けてきます。
なので「全体攻撃」もしくは「攻撃を防ぐ系」で応戦します。


● 3番目のお勧めモンスター
壁を作り敵の攻撃を防ぐ『ダンゴム』
魔法攻撃特性で全体攻撃が強い『いかりん』




後半のステージでは特殊攻撃や体力、素早さの高い敵が多数出現します。
なので実践向きのキャラを選びます。 


●4番目のお勧めモンスター
会心特性で単体を一気に死滅させる『ヴァルキー』
物理攻撃特性で単体攻撃が強力な『大ぐも』
会心特性で全体に大ダメージ『抹茶小豆』
攻撃を防ぐエキスパート『ダンゴム』
攻撃速度特性を持ち単体HP半減の特殊技を持つ『骨戦士』
全体攻撃がとにかく強い『いかりん』




5番目のキャラは自由で良いかと思います。
実践向きにするも良し、遊びの要素を取り入れても良し。


●5番目のお勧めモンスター
攻撃特化で魔珠補正で麻痺攻撃『ヴァルキー』
対人戦でもかなり強力な全体麻痺『くらん』
火エレメ同様に一撃が強力『大ぐも』
最強伝説は伝説だけだった?『抹茶小豆』
同レベルなら2分の1ダメージを与える『骨戦士』
最強は反射ダンゴム?『ダンゴム』
全体回復唯一のキャラ『ロード』(後半いらなくなる?)
今現在の最強全体攻撃キャラ?『いかりん』 


あくまで参考程度に留めて下さい、選ぶのは個人の自由です。
もしどうしても後でキャラを変えたいのであればコイン交換の『変化の巻物』でキャラ交換ができます。
(1度目はコイン100枚、次からはコイン1000枚になる為、注意)

「古いバージョンで起動しています。」と表示された時

(HPの説明です)
ブラウザの再起動、もしくはPCの再起動をしてみてください。

それでもエラー表示される場合「キャッシュ・オフラインデータの消去」を行ってください。

Firefoxの場合、オプション→詳細→ネットワーク→オフラインデータの「今すぐ消去」、

それ以外のブラウザで削除を行うのは非推奨です。

上記の内容が分からない、という方は絶対に何も操作しないでください。

数日経てばエラー表示が消えるはずです。


●『コーラムバイン』 を新たに検索し、そこから起動すると普通に遊べます。
画面が大きく表示される事もありますが、特別は問題はありません。 

サーバー選びの詳細

オンラインゲーム『コーラムバイン』では2種類のサーバーから選んで遊ぶ事ができます。

それらサーバーの違いについて述べていきます。

2011y10m02d_012814020

【たんしお鯖】
レモン鯖に比べるとプレイヤーの数は少なめです。
 
【レモン鯖】
多くの人が遊ばれているサーバーです。



同じPC内で遊べる枠は2つあると言う事になります。

しかしサーバーが違えば世界も全く異なります。

例えるなら、「レモン鯖」で扱えたキャラは「たんしお鯖」では扱えません。

「たんしお鯖」ではまた初めからキャラを作る事になります。

両方別々の世界を行き来して楽しむ事はできますので、気分転換には良いかも知れません。

しかしキャラを育てるのに2倍時間も掛かりますし、完全に別々の世界ですのでプレイしている方も異なります。


【2つのサーバーの大きな違い】
①市場の相場に大きな違いがある。
例) レモン鯖 → 猫 250000~350000前後
たんしお鯖→ 猫 70000~150000前後

②プレイヤーの数に大きな違いがある。
例) レモン鯖 → 多い
たんしお鯖→ 少ない

③猫缶の使用に違いがある。
例) レモン鯖 → 猫缶を使用し続ける事に失敗する確立が上がる。
たんしお鯖→ 猫缶の成功率100パーセント

④市場に出ている商品の数に違いがある。
例) レモン鯖 → 多くの商品が出回っている。
たんしお鯖→ 商品が少なく売っていない物も多い。


これらのように遊ばれているプレイヤーの比率の違いから特に市場に影響が出ている。

上記のように「たんしお鯖」では安く売られている「猫」も「レモン鯖」では高く取引されているのは、

「追憶の猫霊園」で「猫」を手に入れる難易度に影響していると思われる。

逆に全体的に見ると「たんしお鯖」の方が市場の物価は高い。

それは売られている物が少なく、希少性があるからと思われます。

どちらも一長一短ありますので、できれば両方で遊んでみて下さい。

鍵を使用し『竜』までのルート

竜との遭遇ルートです。
2011y10m01d_011709580






















【冒険の鍵LV11】
1 「鍵LV11」使用する→竜

2 『奥の方へ進む』→『入り口に戻る』→『1時間休む』→終了
『奥の方へ進む』→『入り口に戻る』→『一休みする』→竜
(冒険の鍵LV11×2本使用)

3 『奥の方へ進む』→『更に奥へ進む』→『もっと奥へ進む』→竜

4 『奥の方へ進む』→『壁を調べる』→『月の出ている方』→竜

5 『水の聞こえる方へ進む』→『もっと水の音の方へ進む』→
『地下水路の奥へ進む』→竜

6 『水の聞こえる方へ進む』→『壁を調べる』→『白いボタンを押す』→竜

7 『洞窟の外を調べる』→『町の方へ行く』→『ペットショップ』→竜

8 『洞窟の外を調べる』→『町の方へ行く』→『武器屋』(1000円必須)→
『挑戦する』→『開けない』×5→竜

9 『洞窟の外を調べる』→『海へ行く』→『もう帰る』→竜

10 『洞窟の外を調べる』→『竜の洞窟へ行く』→『急いで奥へ進む』→竜

11 『洞窟の外を調べる』→『海へ行く』→『砂を掘る』→『もっこりしている所』→
一旦ここで終了、再度このルートを通る。
『洞窟の外を調べる』→『海へ行く』→『砂を掘る』→『花のさいている所』→竜
(冒険の鍵LV11×2本使用)


【冒険の鍵LV21】
1 『山の方へ進む』→『山の方へ向かう』→『頂上を目指す』→『先へ進む』→竜

2 『山
の方へ進む』→『山の方へ向かう』→『峠の方へ』→『肉屋』→竜

3 『山
の方へ進む』→『街の方へ向かう』→『森の奥へ入る』→
竜(アイテム『飛行石』必須)

4 『山
の方へ進む』→『湖の方へ向かう』→『湖を眺める』→『落としてない』→竜

5 『森
の方へ進む』→『魔物討伐』→『逃走する』→竜

6 『森
の方へ進む』→『戦いを避ける』→『水路を出る』→竜

7 『森
の方へ進む』→『この辺で竜を探す』→『お宝を探す』→竜

8 『海
の方へ進む』→『更に下流へ進む』→『海水浴』→『分かった』→
一旦ここで終了。
次回は『海
の方へ進む』→『森の方へ向かう』→『遺跡へ向かう』→竜
(冒険の鍵LV21×2本使用)

9 『海
の方へ進む』→『更に下流へ進む』→『潮干狩り』→『竜宮城へ』→
一旦ここで終了。
次回も同じルートを選ぶ→竜
(冒険の鍵LV21×2本使用)

10 『海
の方へ進む』→『森の方へ向かう』→『塔へ向かう』→『塔を登る』→竜
livedoor プロフィール
記事検索
ご来場者
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: